スポンサードリンク

ウルトラマンシリーズ 最新作品 ウルトラマンジードの新着情報


ウルトラマンとは

円谷プロダクションが制作する、日本の特撮ヒーロー番組の草分け的存在。

人類に害をなす異星人や宇宙人へ抵抗する力を持たない地球人に代わり、外敵と戦い、地球を始めとした人類を守るために、M78星雲光の国にある宇宙警備隊より派遣された隊員であり、同警備隊に所属するウルトラマン達の総称でもある。
スポンサードリンク

ウルトラマンが地球を守り、戦う理由


かつては地球人同様、人間体であった光の国の住人が、同星の危機に際しプラズマエネルギーを用いたことで手に入れた力=ウルトラマンとなる。

 

かつての光の国によく似た地球を、「かけがえのない星」と、故郷の様に感じており、

「いつの日か外宇宙に飛び立つ文明を持つまで、このかけがえのない星と人類を外敵から守る」

といった信念の元、やたらと地球やその界隈に住む人類に対し、命がけの戦いを繰り広げている。

※ 上記はゾフィー談(ウルトラマンメビウスより)

ウルトラマンシリーズ最新作 ウルトラマンジード


現在放映中のウルトラマンゼロクロニクル終了後に放送開始が決定した、最新作となるのが「ウルトラマンジード」。

(テレビ東京系で2017年7月8日、あさ9:00より放送)

 

主役となるウルトラマンジード役には、歴代ウルトラマン最年少となる、16歳の濱田龍臣くん(朝倉リク役)が主演

また、ウルトラマンジードは、M78星雲光の国に幾度と戦火をもたらした、悪のウルトラマンことウルトラマンベリアルの息子であることが判明。

現在放映中である、ウルトラマンゼロクロニクルのストーリーより続く物語となり、ウルトラマンゼロやセブンはもちろんのこと、ベリアルら悪の遺伝子との繋がりに注目が集っています。

 

また、ジードへの変身(フュージョンライズ)時に使用するアイテムとなる


・ジードライザー

・ウルトラカプセル

などの形状や名称などから、ウルトラマンオーブやエックスなど、最新ウルトラマン達との共演の可能性も気になるところです。

なお、濱田龍臣くんは過去に『ウルトラマンゼロ THE Movie 超決戦!ベリアル銀河帝国』にて、ナオ役(ゼロに変身するランの弟であり、ジャンボットの操縦も担当)にて出演経験があります。

 

過去作品に出演のあった演者さんが、最新作で主演、しかもウルトラマン役を務める事も異例となり、注目度の高い作品となっています。

また、ウルトラマンジードの脚本は小説家の乙一さん、メイン監督には『ウルトラマンゼロ THE Movie~』の監督を務めた坂本浩一氏となり、ストーリーや演出面への注目も高く、非常にクオリティの高い作品になる予感です

スポンサードリンク

歴代のウルトラマン

上記したM78星雲出身のウルトラマンだけで無く、近年は光の国とは関わりを持たないウルトラマンも多数存在する

初代ウルトラマンから80までは全て、M78星雲光の国より派遣されてきたウルトラマンとなる。

 

対し、平成ウルトラマンと称される、ウルトラマンティガ~ネクサスまでのウルトラマンには、光の国に関する描写は無く、昭和ウルトラマンとは直接的な関係を持たない。

放映後の設定によると、宇宙にはさまざまな別次元・別世界の地球が存在しており、ティガ以降のウルトラマンに関しては、昭和ウルトラマン(M78星雲)とは別の次元に生まれ、別の地球にて戦いを繰り広げているウルトラマンとされている。

 

ただし、平成2期(ウルトラマンマックス以降)のウルトラマンは、

・M78星雲出身(ウルトラマンマックス、メビウス、ヒカリ、ゼロ)

・M78星雲以外の世界(ウルトラマンビクトリー、ウルトラマンX)

・未来の世界から来たウルトラマン(ウルトラマンギンガ)

・風来坊(ウルトラマンオーブ)

など、光の国に縁あるウルトラマンもいれば、異なる次元で戦いつつも、どこかしらで繋がりを持つウルトラマンが多数。

 

また、平成1期のウルトラマンではあるものの

・ウルトラマンティガ(オーブの世界でかつて怪獣を封印している)

・ウルトラマンダイナ(次元の移動を得意としており、他作品にも余裕で顔出ししに来る)

・ウルトラマンコスモス(ダイナ同様、呼ばれればどこにでも顔を出す)

・ウルトラマンネクサス(その正体は光の国に於ける伝説の超人、ウルトラマンノア)

といった様に、別の次元に生まれたウルトラマンながら、他の次元とも繋がりを持ち始めている。

 

なお、ウルトラマンマックスが「光の国出身」となっているのは、制作スタッフの都合によるもので、

(同スタッフはウルトラマン=光の国がデフォであると勘違いしており、ティガ以降の作品設定を知らずにいたとのこと)

作中には同繋がりを現わすエピソード(光の国出身ウルトラマンの参戦)は無い。
スポンサードリンク

コメントを残す

*