スポンサードリンク

PicsArt(ピクスアート)の機能と使い方

今更聞けない PicsArtってなに??

『PicsArt』とは、海外を中心に10代~20代から絶大な支持を集めているスマホアプリです。

スマホで撮影した写真を、タップだけで誰にでも簡単に、プロカメラマンが撮影した様な写真へと加工を施したり、CGの様に印象的な画像に加工することができるアプリとなります。

加工できるパターンが実に豊富で、ポップなエフェクトを加えたCGの様な画像処理から、写真集を思わせる様な芸術性高い画像への加工も可能。

撮影した画像を使い、感嘆に幅広い画像加工が出来る事が人気の理由なんですね。

これまでに全世界で累計3億ダウンロードを越えているアプリとなりますので、ぜひブームに乗り遅れること無くゲットして使い倒してみましょう。
スポンサードリンク

PicsArtではどんなことが出来るの?

PicsArtの特徴は、なんといっても使い方の簡単さにあります。

スマホで撮影した写真へ、カンタンに「♥」マークを追加したり、写真や人物にキラキラのエフェクトを追加することも可能。

他にも、PicsArtにある「マジック」という機能を使えばタップのみで写真がアートな作風にCG加工を加える事も出来てしまいます。

 

普通に撮影しただけの写真が、PicsArtを使うだけでこんなポップなイラストに加工することが出来てしまうんです。


また、SNSに写真をアップしたいけど、顔出しはちょっと抵抗がある…

といった時にも、カンタンにボカシ処理や顔部分を可愛く隠せるエフェクトを加えられることから、SNSを活用している世代から人気を集めているアプリとなります。


PicsArtでは画像処理だけで無く、文字入れも出来ちゃう

PicsArtでできるのは、何も画像へのエフェクト追加ばかりじゃありません。

30種類以上登録されているフォントを使って、可愛く文字を入力することも出来ますし、色だって自由に変更することが可能です。

 

画像エフェクトにテキスト入力を重ねれば、こんなPOPなアート作品風写真がカンタンに作れちゃうんです。

スポンサードリンク


ただ、PicsArtは画像エフェクトをメインにしたアプリとなるので、デザイン性は高いものの、カワイさでみると他のアプリの方が上だったりもします。

そこで、画像へのエフェクト追加にはpicsartを、スタンプやテキストの入力には楽画cuteなど、複数のアプリを重ねて使う事にで、一手間加えたオリジナル画像を作成し、SNSにアップする事もネットでバズらせるテクニックの1つですね。

 

PicsArtの使い方

PicsArtの使い方ですが、基本的な機能は簡単に使える物ばかり。

PicsArtを起動し、画面下部にあるアイコンをタップするだけで、自由なエフェクト加工が行えいます。

ただ、機能の多くが英語になっているので、最初は少しとっつきづらいかも知れませんので、以下の動画を参考に、基本的な機能をマスターしてみましょう。


 

また、PicsArtでは画像の編集だけで無く、編集画面を録画するなどして動画を作る事も出来ます。

動画にも様々なエフェクト追加が行えますので、こちらの動画で手順をマスターしてみて下さい。

スポンサードリンク

コメントを残す

*